読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

異性の友人と下心。

 
独身女性の知人が何人かいるんだけど、以前「話しようぜー」と何度かお茶に誘ったら無視されたことがある。断りではなく無視。
「異性としてはイマイチだけど、友人としては珍しくて面白いかもしれない」的な自分に誘われたから、対応に困ったんだろうなあ。迷惑かけたなあ、と思った。

だから、もう彼女らは誘わないようにしようと思ってたんだけど、そのうちの一人から「誘ってくれたら行きますよー」とか言われた。
うーむ。難しい。
 
いっそ、既婚女性になってくれた方が、気兼ねなく誘えるし、向こうもそこまで警戒しないだろうから、気楽に付き合えるのになー。
 
男だから、そりゃ多少の下心はありますよ。
風強い日にスカート履いてこられたら「見えるかなー」とか期待しますよ。でも、それ以上に「見えたら傷つくだろうから、それとなく風を体で防いどくか」とか考えますよ。
いや、別に『俺って紳士アピール』とかじゃなくて、普通の男子は普通にそれぐらい考えます。
 
あと、自分のことを卑下するわけじゃないんですけど、それなりに友達もいるであろう人が、自分みたいなのにわざわざ話を振ってきた時って、多分へこんでるんですよね。
だから、どうにかしたいなー、と思うし「なんか甘いもん食いにいこうぜ!」って思うんですよ。
じゃあ、そこに下心は無いか、っていうと、無いわけがない。
 
だから、警戒して誘い文句そのものを無視する、ってのは分かるんですけどね。
メールでチマチマやり取りしてたって、スッキリ吐けるとは到底思えませんし。
 
どうすりゃいいんでしょうねえ。難しいもんです。