読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

ハッキリさせるのってめんどくさいからね。

 
ゆえとにほんご。

月とにほんご 中国嫁日本語学校日記

月とにほんご 中国嫁日本語学校日記

読んでます。
 
「正しい日本語」的な驚きは少ないです。
どちらかといえば、日本語を知って驚く夫婦を見て楽しむ本です。
バラエティ番組的な。
 
『日本』は「ニッポン」「ニホン」どちらが正しいか、とかとか。
 
本の中では「答えはない」という風に大学の先生が解説されてますが。
 
一応、日本語でメシ食ってこうと思ってる自分の解釈で言えば。
 
感情を含む場合には「強い日本」を意味して「ニッポン」、それ以外、客観的に説明する時や、名詞に含まれる場合には「ニホン」になる。
 
ってな感じで考えてます。
 
「日本人」は名詞なので「ニホンジン」です。
「がんばれ日本」は感情が含まれるので「ニッポン」です。
 
「俺」と「私」の使い分けに近いですねー。
 
■とまあ、こんな感じで。
 
人それぞれに解釈があるのは、日本語だけでなく中国語も英語も一緒です。
 
だから、この手の本は、鵜呑みにせず、自分できちんと納得できるまで考えることが大事、とかなんとか。