読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

底辺に慣れちゃいかん。

 
こないだ、飲み会で「以前の仕事」について話を聞いた。
というか、オッサンに語られた。
 
曰く。
「全然分からないままこっちの業界きたけどなんとかなった」
 
曰く。
「専門用語も現場も知らないけど、営業ならできるから」
 
曰く。
「3千万円の予算でメアドを15万件ゲットする仕事をした。10万件しかとれなかった」
 
それがオッサンの「面白いお話」らしい。
 
自分は学がないせいか、その面白さはちっとも分からなかった。
だから、話を聞きながらサラダのキュウリをパリポリかじった。
 
■オレの話は。
 
「まず第一に『客の嫌がることをしちゃいかん』と教わった」
 
「現場や取引先を困らせちゃいかんから、分からないことは調べて、それでも分からなければ頭下げて聞く」
 
「売上0円、という日が続くと、酒に逃げられない体質を感謝するようになった」
 
なんというか、真逆だ。
 
自分のやってきた仕事を振り返ると、あまりの華の無さにびっくりする。
比べると、卑屈になってしまいそうだ。
 
でも、卑屈になったところで、過去が変わるわけでなし。
 
仕事のやり方だって、いまさら変えられん。
どうひっくり返っても、街角でキャッチセールスとかは出来そうにない。
 
見るから人からすれば「下の方」に見えるかもしれないけど。
自分から見える景色は、いつでもフラットだ。
 
まずは見えるものだけ信じていこう。