読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

災害について思うこと。

今日、水曜は「大雪がふるぞー」と言われてた。

また降るのか、とたくさんの人がゲッソリしてたけど、結局降らなかった。

 

降るか、降らないか、なら、もちろん後者の方がいい。

雨ならば降って喜ぶ人はたくさんいるだろうけど、

雪が降って喜ぶ人、というのはスキー場の人ぐらいしか思いつかない。

あるいは、山のペンションから誰一人逃がしたくない犯人とか。

  

どちらにしろ、都市部にはあまり縁のない話ですね。

 

さて、何年か前に。

自分が働いてる店が床上浸水したことがあります。

 

ちなみに、「床上浸水」なんて書いてピンときます?

自分はこなかったです。

畳の上まで水がきたの? 後でひっぺがして乾かさなきゃね。

大変だねえ、なんつって。

自分の番が来るまで、気楽に考えてました。

 

311の記憶があるので、当時の様子を細かく書くのは控えときます。

人によっては、まだ腫れ物かもしんないからね。

 

ただ、その時は「床上浸水で終わる」とは思ってなかったです。

結果として「床上浸水で終わった」というだけです。

 

一応、備えはしてあったんです。

でも、その備えを上回る規模のやつがきた。

だから、わー、ってなった。

それだけなんですよね。

 

だから、大雪でもあちこちで、わーっ、てなったでしょう。

するとね「誰が悪いんだ」という話になる。

これはもう、田舎でも都会でも同じ。

まあ、田舎だと「自然が強い」って認識が多いからマシかもしんない。

無いわけじゃないけどね。

 

都会だと特に言われるんでしょうね。

政治家が悪い、自治体が悪い、自衛隊が悪い、消防が悪い、みんな悪い。

そんなこと言ったってしょうがないんですけどね。

運が悪かったね、だと納得しない人がいるから仕方ない。

 

でもねえ。

根っこの部分を探れば本当に「運が悪い」としか言いようがないんです。

毎日のように、地球上のどこかでは天変地異が起きてるわけですから。

地球儀をぐるぐるーっと回して、誰かがひょいっと投げたダーツが、

たまたま、そこに刺さっただけ。

 

絶対安心、なんて無いんですから。

「一度来たから次もくるかも」と厳重に対策打つか。

「いや、確率的にこないだろう」と楽観視するか。

「来ないだろうけど、念のため」と保険に入るか。

 

そこらへんは、考え方や組織の規模によりますけど。

災害への備えなんて、そんなもんしか出来ないんですよね。

 

ただ、最近の保存食にリッツが入ってるのはありがたいですね。

大好物なので、緊急袋の中に見つけると、

「大災害ほどじゃなく、小災害ぐらいきてくれないかな」と

ひそかに思ってしまいます。

ああ、罰当たり罰当たり。

 

ナビスコ リッツ保存缶L 425g

ナビスコ リッツ保存缶L 425g