読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

個人事業主になりました。

 

いや、業務自体はすでに始めてたんですけどね。

最寄りの税務署に個人事業主開業と、青色申告の届けをしてきました。

これで、来年3月の確定申告は、青色申告の個人事業主として行うことになりました。

 

今年の確定申告は。。。これからガンバリマス(遠くを見ながら)

 

んで、メインのお仕事も入ったので来週月曜から現場入りです。

  

今、収入源としてる業界はweb制作。

目指す業界は文筆業。

 

どちらもフリーランスの多い業界なので、フリーランスになることに抵抗はなかったんですが。

 

■正社員になれないこと。

 

「人が作ったシステムなら、人である限り理解できるはずだ」と思ってきました。だから、相手が法律だろうと機械だろうと、学習に臆したことはなかったんです。作った人の気持ちを理解すれば、システムも理解できる、と思ってました。

 

でもねー。

『会社員』というシステムは理解できませんでした。

 

例えば、上司たちと居酒屋行くとするじゃないですか。

んで、鶏の塩焼きなんかが運ばれてきたりした時にですね。

自分は真っ先に箸をつけるんです。

だって、焼き物なんて熱い内に食わないとダメじゃないですか。

でも、怒られるんですよね。

 

「箸をつけるのは偉い人から」

そういうルールなので、「早く食べましょう」って目上の方に催促するのがよくある処世術なんだそうです。

 

。。。理解できない。したくない。

特に悩むこともなく、そう思いました。

 

相手が食べ方を知らない方であれば分かりますよ。

「おいしいから食べてみて。さあ!」という時は、じっと待ちますよ。

でも、大の大人が揃って、食べるの待ってるって、ねえ。

 

理由としては、これだけではないですけど。

ただ、『会社員』の『目上の人を敬う』という文化って、敬うというより、甘やかしてるように思えるんですよねえ。

 

そう思ってしまう自分に会社員は無理だなー、と思いました。

自分は、正社員に「ならない」じゃなくて「なれない」んだと。

 

■そしたら、スッキリ。

「なれないかも」と悩んでる時は、ちょっと苦しかったですけど。

「なれないんだ」と分かったら、スッキリしました。

 

やよいの青色申告 14 新消費税対応版

やよいの青色申告 14 新消費税対応版