読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

個人間の取引。

行政も頼れず、身近な人間も頼れない時。

スタッフ教育の行き届いたサービスを使用できればいいけど、お金が無い時もある。

となれば、個人で個人を雇うしかない。

じゃあ、雇い方と注意の仕方をば。

 

■雇い方。

別にどんなルートでもいい。

家事なら「家事広場」とか個人マッチングサイトが色々ある。

別に2chとかでも問題ない。

 

基本的には募集して、実際に会ってみて互いの身分証をコピー取るのがいい。

身分証を提示するのを嫌がるようなら、スパッと見切りをつける。

女性の一人暮らしだろうが、誰にも秘密のお仕事だろうが、問答無用。

履歴書も提出せずに働かせてくれ、と言ってるようなもんだ。ろくなもんじゃない。

 

自分はよく学生を雇うけど、それは学生証があるからです。

住所氏名も書いてあるけど、なにより「所属」がハッキリしてる。

企業の場合は、名刺があることもあるけど、正直そんなもんいくらでも偽造できるので、自分はもらわない。それなら免許証のコピーでも同じ。

 

雇う金額については、相場もあるけど、相手の足元見て全然構わない。

(もちろん恨まれない程度にね)

例えば、家事代行サービスだと、有料サービスに頼めば1時間3千円ぐらいする。

雇う側はそれを「高い」と思うから払わないし。

雇われる側はそこからマージンを差っ引かれるのが嫌だから所属しない。

じゃあ、その間の金額で、となる。

 

基本的にはお互い納得づくの料金であれば問題ない。

ただ、「金払ってんだからやれよ」的な態度を取る社長は嫌われる。

報酬+チョコひとつでも飴玉いっこでも「気持ち」も一緒に払えば、気持ちよく働いてくれる、というものだったりします。

(通じない人もいるけどね)

 

■注意事項。

ほとんど、法律の範囲外です。

違法か合法かの取り決めすらされてません。

(今後、すごく需要の増える市場なんだけどね)

一応、サービスと料金の取引には当たるけど、報酬安いから一ヶ月や一年で合算しても、申告対象じゃなかったりするし、多少オーバーしてても税務署もスルーする程度の金額です。

 

その分、穴だらけです。

これで鍵預けて外出して、帰ってきてみたら家財一式が消えてなくなってた、ということになっても警察はあまり相手してくれないと思います。

だから、相手を見ます。

 

金持ってるか、収入が安定してるか。借金はないか。

変な恋人に引っかかってないか、宗教にはまってないか。

 

人間、ホントにやばい時は身分証なんてどうとでもしますから。

「明日、逃げます」って人の免許証を控えたって意味ないわけですよ。

だから、きちんと見る。全幅の信頼を寄せる、なんて絶対しない。

変なこと言い始めたら、すっぱり断る。

 

ただし、丁寧な仕事をしてくれたら感謝する。

きちんと感謝する。きちんと疑う。

この2つは両立できます。

といった所です。

 

■ちなみに。

自分とこのお手伝いさんも、今の人で7人目か8人目ぐらいです。

自分から断ったのもあるし、断られたのもあります。

 

 

まー、いろいろいます。人ですから。

 

家族八景 (新潮文庫)

家族八景 (新潮文庫)