読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

親切を仇で返されたら。

仮の話。

「怪我で動けないって男友だちに言われたから、お見舞いにいったら押し倒された」

といった感じの話を女性から聞いた。

 

男である自分などから、言い訳など聞きたくもないだろうから、おつかれ、と労っておいた。

正解かどうかは知らないし、あまり興味もない。

 

「男なんてみんな一緒!ああ、腹が立つ!」

 

たぶんだけど、男に腹が立ったじゃなくて。

親切心を裏切られたことに傷ついたのだろうなあ。

 

■裏切られることに慣れる、ということはないけど。

それでも、最初から期待をしないようには、出来る。

報われる、と思わなきゃいい。

 

自分が推測から、勝手に思い込んで、勝手に親切かもしれない行為をしただけ。

もしかしたら、反対にとても迷惑がかかるかもしれない。

そんな風に思ってなきゃ、他人に何かする、なんて出来ない。

 

それでも、やりたい、やらねばならない、と思った時だけやるようにする。

 

ヒーローコンプレックスとの付き合い方って、そんなもんじゃないのかな。

よく知らないけど。

 

■それにしても。

連休だというのに、浮いた話がひとつもない。

予定もガラガラである。

こうなったら、一人で絵本カフェでも行くかね。