読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

32秒の呼吸器系。

ダイビングの練習をしている。

 

水中に落としたマスクとシュノーケルを、息を吸ってから水面から潜り、

水中で装着してマスククリア(鼻から息を吹いて視界を確保)して、

水面まであがってシュノーケルクリア(息で管内の水を押し出して呼吸可能にする)というのに挑戦した時のこと。

 

何度やってもうまくいかないなー、と思った時にインストラクターが言った。

 

「一般的には水中で50秒ぐらいは息を止めてられるはずなんですが、マスク(水中メガネ)を失うと冷静ではいられず、20秒や30秒の行動も取れなくなります。頭で分かっていてもなってしまうので、慣れてください」

 

なるほど。

とりあえず、その時はうまくいったのだけれど。

 

■帰宅してから、呼吸を測ってみた。

洗面器に水を張って、せーのっ、で何秒息を止めてられるか。

 

ギリギリまで粘って32秒でした。

 

。。。おい!

 

■インストラクターにそのことを話してみた。

「嘘でしょう。本当だとしたら、かなり肺活量少ないですよ。喘息とか持病ないですよね?」

 

ないはず。

 

「じゃあ、心肺機能を高めるしかないですね」

 

■というわけで。

今までのベースランニングは一旦中止。

 

次から走る時は、まず限界ぎりぎりまで速度をあげて心拍数を最大まで持っていく。

そして、出来る限り走り続ける。しんどくても我慢する。

 

そして、それを繰り返す。

 

「心肺機能は、めいっぱい使ってる状態を保ち続けないと上がらないですから。『適度な運動』では絶対に上がらないです」

 

まじかー!

 

■あと、気休めかもしんないけど。

こういうのをポチってみた。

 

POWERbreathe (パワーブリーズ) クラシック スポーツ (重負荷)

POWERbreathe (パワーブリーズ) クラシック スポーツ (重負荷)

 

 

腹筋の裏のあたりにある筋肉を鍛えるものらしく、自宅でも出来るそうだ。

インストラクターに話したら「ほんとに効くんですか?」と半信半疑だった。

それをこれから試すんですよ。