読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

おなかすいた。

お盆休みをデザイナーとプログラマが取った。

 

「フロント周りいじれる人ー」

「バグ取りできる人ー」

 

ベン図の中心でヘルプと叫んだ男。

。。。さらに自分の仕事もあるんだぜ。

 

■死ねる。

しかも週末の土日はダイビング旅行です。

土曜の朝は4時半起きです。

 

ダイビングの教本には「寝不足は避けよう」って書いてあったけど、無理です。

せめて、行きのバスの中で眠れることを祈ろう。

 

コーヒー飲まないように注意しよっと。

(カフェインが強烈に効きやすい体質)

 

■だったらさっさと寝ろ。

ねます。

 

■パペッティアちょっとだけ遊んだ。

元々は6000円ぐらいするソフトだったけど、今ならPSプラス(月額数百円で数本のゲームが遊べるサービス)で無料で全部遊べます。PS3持ってる方はぜひ。

 

人形劇のゲームなので、基本的にメタな視点で、ナレーションに沿って主人公を動かして遊ぶアクションゲームです。

 

シーンの代わり方も人形劇の舞台っぽく、ステージがくるっと回転したり、上から降ってきたりと楽しい。

子ども向けというより、子ども向けを愛でたい大人向け、といった感じ。

 

主人公も人形なので、敵の攻撃をくらったり、痛い目にあうと頭がポロンと取れます。追いかけて拾い直すと頭復活。かなりかわいい。

アクションも丁寧な作りになってるので、操作で迷ったりすることはほとんどないんじゃなかろうか。

 

あと、延々しゃべりっぱなしのナレーションが藤原啓治さんなので、

アイアンマンの吹き替え版見てる人には「トニー・スタークだ!」となると思う。

 

一応、紹介ムービー貼っときます。

でもPS3持ってるなら、ちゃちゃっとダウンロードした方が良い気もする。

PSプラス安いからねー。


「パペッティア」の不思議な世界をプレイムービーで紹介 - YouTube