読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

バスがこない。

ダイビング行ってきました。

といっても最終試験としての、実習なんですけどね。

 

いやあ、まさかね。

「東京駅7時発」のバスが来ない、っていうね。

丸の内ビルの周りを朝っぱらからキャリー引きずって三周ぐらいして、「あれー?」ってなって。

バスの運営してる所に電話してみたら「今日はバスありませんよー」って言われてしまいまして。

 

えーーー!と。

 

でも、まあ、パニックになっても仕方ないので、新幹線とローカル線とバスと乗り継いで現地に到着しました。

 

。。。なんか連絡ミスだったらしく、お詫びは後日やってくるそうな。

 

もう終わった話だから、個人的にはどうでもいいんですけどね。

交通費が返ってくるなら、遠慮なくいただきます!

 

■ダイビングの記憶。

えー、耳抜きやりすぎて鼻血が出まくりでした。

でも、すぐ止まるのね、アレ。

 

あと、試験なので、海中で順番に実技テストやるんだけども。

自分は6人グループの6番目だったので、ほかの人が実技に手こずってると、その間ずっと着底して待機なのね。

そして、海の中の冷えっぷりって、空気中の25倍らしいのね。

つまり、陸上で「ちょっと肌寒いかな?」ぐらいだと、海中では「すっげえ寒い!!」になるわけですよ(※個人の感想です)

 

いや、もうね。

自分の番がまわってくるまで、かじかまないように延々と手と足の指をニギニギしてましたよ。

軽く風邪ひきかけました。

 

あとアレだ。

海中でふわふわ漂ったり、軽いうねりに身体をさらわれたりしてる中で、小さな魚がふわふわーピタッ!と見事に身体を停止させてるの見て、魚すげー、とリスペクトしてました。

はたから見るのと、実際にやるのじゃ大違いよ、アレ。

 

■んで今。

頭ひねったりする度に、耳の奥がちょっとバリバリいってます。

なんかダメージ受けたんだろうね。

これがあるから、ダイビング後12時間は飛行機に乗ったり気圧が変化する環境に行っちゃいかんのだそうだ。

 

なにはともあれ、今日は早めに寝ます。

疲れました。

 

■あと、最後に。

伊豆、意外と遠いです。

「伊豆のくせに遠い」と思いました。

関東からだと近そうなイメージあるのになー。