読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

人を変えようとする話。

結論から言えば、人を意図的に変えようという試みは失敗する。

 

心臓の位置は、だいたいみんな同じような位置にある。

だから、剣でそこを貫けばだいたい心臓に刺さる。

 

でも、心の形は誰も見たことがない。

自分は、心の形は、卵のようなものだと想像してる。

固い社会性の殻があり、その中に柔らかい粘液のプライベートがあり、さらにその中に本心の黄身がある。

 

「恋人だから」「家族だから」と黄身を見せてもらったことがあるかもしれない。

触れさせてもらったことだってあるかもしれない。

 

けれど、通常、そこまであけっぴろげにして暮らしてる人はいない。

とても危険だからだ。

もし、あけっぴろげにして暮らしてるとしたら、社会性が欠如してる、ということだから、病気である可能性が高い。

 

話を戻す。

 

誰かの黄身を見て「悪い箇所がある」と気づいたとしよう。

そこだけ取り除けば、綺麗な黄身になる。

 

でも、黄身から悪い箇所だけ取り除くなんて可能だろうか。

器に卵を割って、黄身の一部分だけを取り出す。

オムレツでも作る時に試してみるといいけど、まず無理だ。

 

人の心を変える、というのは、そういうこと。

 

一応、暗示を使えば、行動を操ったりすることは出来るそうだ。

けれど、どんなに強力な暗示でも、本人が望んでいないことは出来ない。

心って、そのぐらい操りにくいものなんですよ。

 

あと洗脳という手法もあるけど、あれは「変える」というより「壊す」だから、あまりオススメはしない。

 

なにより暗示にしろ洗脳にしろ、家族が瞳孔開きっぱなしって薄気味悪いでしょう。