読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

とりあえず安牌を。

トピック「ふつうに良かった映画」について

 

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]

キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン [DVD]

 

 

華麗なるギャツビー [DVD]

華麗なるギャツビー [DVD]

 

ディカプリオから二本。

どちらもディカプリオがうさんくさい金持ちになる話。

トム・クルーズはチャラ男役、ディカプリオはペテン師役』というのが自分の中での鉄板の法則で、これを外すとあんまり良くない。

ディカプリオがかっこいいだけの映画とか、もうホントこの監督、プリオのことを何も分かってない!って思っちゃう。

違うんですよ!ディカプリオはもっとうさんくさくないと!笑顔で人を騙したり、小銭くすねたり、そういう残念なイケメンだからいいんですよ!

 

というわけで、ディカプリオを知りたい人はこの二本から始めるといい。

タイタニックは映画としては面白いんだけど、ディカプリオの良さを引き出してるか、というと、かっこ良すぎてもうひとつ。

 

ロボット [DVD]

ロボット [DVD]

 

日本にやってくるインド映画といえばこの人、ラジニカーント主演作品。

ヒンドゥーとロボってどうなんだ。色々、禁忌に触れてんじゃないのか。

ヴィシュヌとアヴァターラをバビル2世って呼ぶと爆破テロが起きるよ!

 

リンク張ったのはDVD版だけど、どうやらDVD版は、劇場公開時のタミル語音声ではなくヒンドゥー語吹き替えになってるらしく、ファンが怒ってた。

ラジニカーントの生声が聞きたい人は迷わずブルーレイ版で。

 

内容については、忙しすぎるラジニカーントが、美人の彼女に愛想を尽かされてかけてたんだけど、「安心してくれハニー。俺をもう一人作ったぜ」とロボット作ったら、えらいことになった、という、いつもどおりのラジニカーントです。

割とショッキングなシーンもあるので、子どもが見るとトラウマになるよ。

でも、面白いので「たまにはインド料理でも食ってみるか」みたいな感じでどうぞ。

 

 

藁の楯 わらのたて [DVD]

藁の楯 わらのたて [DVD]

 

真性ロリコンサイコパス殺人鬼、藤原竜也に懸賞金がかけられちゃって、警察が護衛するはめになった、という映画。

うん、いつもの藤原竜也です。ほんともうこの人は救えない。

 

 

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]

 

探偵ガリレオの劇場版ってハズレが今んとこ無いんだけど、個人的なイチオシはコレ。

なんたって、堤真一の報われ無さがいい。

報われないけど、目の前に問題があったから解く。正解なんてどうだっていいんだ、結局のところは。そうだ、それでいいんだ、堤真一

 

 

丹下左膳餘話 百萬両の壺 [DVD]

丹下左膳餘話 百萬両の壺 [DVD]

 

小島アジコさんが椿三十郎を紹介してたので、じゃあ、こっちも、というわけで。

浪人を描くなら「とにかく見とけ!」と言いたい一作。

大河内版の丹下左膳はコメディなんですけど、「刀振るうしか能のねえ浪人」が刀振っても解決できない問題から、必死で逃げながらも逃げきれず。慣れないことに「うるっせい、こんなことさせんじゃねえ」と怒鳴りながら、真面目にオタオタする、っていうのがいい。

 

あと、背景にも注目したい。

なんせ撮影そのものが大昔なので、今の時代劇みたいに「全国のそれっぽい場所の寄せ集め」な背景じゃないんですよ。

古い町家を使って、通りをそのまま再現してたりするわけです。CGなんて無い時代の時代劇ですよ。

 

■といったところ。

洗濯機が回る時間だけでつらつら書いてみた。

では。