そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

経理問題。

会計問題とも言う。

 

例えば、商売を始める。

10円の小麦粉を買って、パンを作り20円で売ります。

差額の10円はまるまる儲けでしょうか。

いいえ、ほかの材料費や作業費が含まれていますので、儲けはわずかです。

では、それを証明してください。

 

というわけで、帳面が必要になる。

これは分かる。

 

例えば、絵を描く。

10円で画材を買って描いた絵を20円で買ってくれる人がいました。

差額の10円は儲けでしょうか。

いいえ、ピンときたのはコーヒーを飲んでた時ですし、下書きの前にはタバコだって欠かせません。絵を描くことに必要なお金が含まれています。

「コーヒーを飲まないと全くピンとこないのですか?」

「タバコを吸わないと鉛筆で線を引くこともできないのですか?」

 

現在の税務申告は、商売をベースにしてるから、こうなる。

最近は随分ゆるく受け入れてくれるようになったと言うけれど、それでも現場が運用でどうにかしてるだけであって、悪く言えば、税務官の心ひとつで決まる。

 

日本のコンテンツは、ゲームを除けば、個人の作家性に頼るものが多い。

(ゲームも海外に比べれば、個人頼りの点が多いと聞く)

 

クールジャパンなんて一過性の広告費ではなく、すでにいる作家の本業から経理作業を軽減して「作家にとっての天国」を目指した方が良い。

 

白色申告でも、青色申告でもなく、その中間に位置して「本業に数字が絡まない業種」を対象とした申告方法を作った方が良いと思うんだけど、どうか。

 

 

広告を非表示にする