読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

育児って大変そうね。

他人ごとなので、他人ごとのように言うけれど。

 

職場に派遣さんで、若いママさんがいる。

子どもが病気がちで、保育園に預けようにも保育園の体制がいまひとつだそうで、しょっちゅう自宅勤務になっている。

出勤するのは、一ヶ月に5日ぐらい。

 

それでも合間を縫って、自宅から仕事をこなしている。

昼夜問わずどころか、土日も問わず、だ。

 

とりあえず、本人が倒れないように「回せる仕事はまわしてー」とディレクターには伝えてある。実際まわってくる。もともと、彼女にまわしてる仕事量がそんなでもないので、ヘルプをしても量的には知れている。

 

エンジニアは、嘘のつけない商売だと思う。

ソースコードを見れば、どういう気持ちで書いたのかなんとなく分かってしまう。

彼女のコードから読み取れるのは、「忙しい」でも「つらい」でもなく、「仕事をやめたくない」だ。

 

限られた時間で書くから、構造そのものは粗いし、バグも多い。

でも、コメントがたくさん書いてある。

イヤホンつけて集中してコーディングできる状況ではないのだろう。

それでも、短い時間をつないで、なんとかコーディングしよう、としている様が見える。

 

彼女のプライベートなことは何も知らないし、知らなくていいと思う。

今の東京で言えば、彼女のような例はさほど珍しくもないのだろう。

 

それでも、なんかいいことあるといいなあ、と願わずにはいられない。