読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

抜身の刀を持って火事場で暴れるやつは味方じゃない。

権力も力の一種なので、さながら刀のようなもので。

ここぞ、という時に敵に向けて抜いてくれるなら、後塵の芥としてもオヤカタサマーといった声援のひとつでもかけてやろうじゃないか、という気になるのだけれど。

 

アクシデントが発生して、ただでさえ「対応マニュアル厳守!忘れたってやつぁ、東京ドームの天井にめりこませるぞ!」みたいな緊迫感の中で、各自がピリピリやってんのに、そこに「何をやっとるか!早くやらんか!アレは見たのか!今すぐ見ろ!」と刀をぶんぶん振り回しながらマニュアル無視して突撃してこられたら、「これは味方ですか。いいえ大将首です」みたいなこと思っちゃうのは仕方ない。

 

本来、マニュアル通りに対応すれば、それなりに早く片付くものを「逐次、報告しろ!」と刀ぶん回すもんだから、協力を仰げるはずの隣のチームもそそくさと逃げ出すし、パフォーマンスはガタ落ち。

それでも、余計な時間がかかったとはいえ、最終的には解決するもんだから「俺様のおかげだな」とほくほく笑顔で凱旋していく。

 

ああ、あの背中、刺したい!

 

という一般論のお話でした。

私は元気です。