読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

君の脳みそを食べたい、だったら猟奇的。

 

君の膵臓をたべたい

君の膵臓をたべたい

 

 

読みました。

普段、娯楽の小説は通勤中にしか読まないようにしてるのですが、

kindleが「80%ぐらい読み進めましたよ」とお知らせしてくれたあたりで、涙腺にくる描写が続きまして。

ああ、これは電車で読むのはやばい、と自宅に帰ってから最後まで読みました。

 

読み終わって、「はー。いい話だった」とkindleのカバーをパタンと閉じて。

ポットから湯呑みに湯を入れて、水を混ぜて少しぬるくして、ふうふうはー、ってしながら飲んで、一息ついて、話を頭の中で反芻しながら、ゆっくりお湯と一緒に飲み込んでから。

これ、読んでほしい人がいるなあ、と思いました。

 

頭に浮かんだのは、絶賛子育て中の人だったり、婚活に一歩踏み出せないアラサーの人だったり。

周りとうまくいかない人だったり、お金がなくて困ってる人だったり。

いつも仲良くしてる人だったり、いつか仲良くなりたいと思ってる人だったり。

 

なんか、そういう人たちの顔がぱーっと浮かびました。

 

そこで、ああ、この物語は「仲良し」の物語なんだ、と腑に落ちました。

 

恋愛でもなく、友情でもなく、ましてや愛情や尊厳なんてものでもなく。

そういう熟語じゃなく、そこから少しゆるっとはみだす感じの「仲良し」の話。

 

誰かと仲良しになりたい人、なれた人、なれなかった人、なりたくもない人。

そういう人に読んでほしいです。ぜひに、とは言わないけど。オススメ。