読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

高木ブーさんのポジション。

かつて、ドリフターズ、というグループがいた。
そこは要点ではないので説明は省く。
要するに、お笑いをしてた人たちだ。

お笑いをする人たち、というとどんな人たちを思い浮かべるだろうか。

まず、ボケ役が必要になる。
ボケにツッコミを入れなきゃお笑いは成立しないので、ツッコミ役も必要になる。
お笑いの最小構成はこの二つだ。

では、高木ブーさんはどちらだろうか。
どちらでもないのだ。

ただ、穏やかに微笑み、そこにいる。

動きは鈍いし、しゃべり方も遅いし、台詞も別に面白くない。
当時、自分は「絶対、この人、頭よくないだろう」と思っていた。
おそらく、全国の子ども達のみならず、大人にいたるまでそう思っていただろう。

「なんだこいつは」「やる気があるのか」
「ギャグのひとつも言わないじゃないか」「いったいなんなんだ」

これが、高木ブーさんである。

この高木ブーさんを擁するドリフターズは、当時、大人気だったし、今でも「あれに適うお笑いはない」なんてことを言われたりもするぐらいファンが多い。

お笑いだけなら、高木ブーさん無しでも成立する。
でも、きっと、高木ブーさんがいた方が良いんだと思う。

今、職場やその他の場所を見るとき「ここに高木ブーさんの居場所はあるだろうか」と考える。

世の中、ボケとツッコミだけではない。
「ただ、微笑む」という人もいるのだ。

高木ブーさんが生きづらい場所は、たぶん、楽しさが長続きしない場所なのだとぼんやり思ってる。

 

■全然関係ないけど。

昔「若い頃のカトちゃんに似てる」と言われたことがあった。

なんだよー、と思ったけど、このDVDパッケのカトちゃん、自分にソックリだわ。