読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

銀シャリばんばん。

もうすぐ35歳になります。

いまだに独身なので、周りの方々には誤解もされてるかと思うんですけど、一応、自分は学生時代から「俺、はやく結婚したいんだ」という旨の発言を酒飲む度にしており、周りの男性陣に「その感覚はわからん」とポカンとされてたぐらい、結婚願望はあったわけですよ。

それがどうだい、三十代。

四捨五入すれば四十ですよ、四十。

 

人生ゲームで言えば、全員ゴールして「もう一回やる?」「いや、違うのやろうぜ」ってモノポリー始めて、最初の破産者が出てきたぐらいですよ。

 

仮に35歳でスピード結婚なり、スピード出産なりして、子育てを開始したとしても、おそらく「ごめん、オヤジ、俺、また留年しちゃった」って大学八年生になる息子を見ながら60歳の誕生日を迎えることになったりするわけですよ!!

きっとその頃には、60歳でもバリバリ親子喧嘩が出来るパワードスーツとか発明されてると思うんですけど「国立大学なのに一年間の学費が420万て!!」とか言いながら貯金吸い取られてるからパワードスーツを買うお金はないと思うんですよね。

 

でもまあ、それはそうと、四捨五入して四十を間近に控えた独身男性で、良かったなあ、と思うのはですね。

 

妻子持ちと比べて、自分自身に費やせる金が多いので、好きな寿司がばんばん食える、というのがありますね。

食い過ぎたら、痛風になるそうなので週一で留めてますが!

 

あと、金払えば行ける類の所はだいたい思いつきで行けます。

猫の世話を頼む都合があるので、本当に思いつきでは行かないですけども。

 

たしかにこのペースでやりたいことを消費し続けていったら、四十になる頃にはやりたいこととかなくなってそうな気がするなあ。

 

なんせ、一番欲しいのは時間だったりしますから。