読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

四捨五入で四十。

「35歳以上の未婚者が、その後に結婚した率」は2%ぐらいだそうで。

 

具体的に言えば、大きな会場に、35歳以上の男女を同じ数だけ集めて「さあ、好きな相手とツガイになってくださーい」って呼びかけても、くっつくのが2%なんですよ!

くっついた後で離れたりすることもあるというのに。

 

ええ。聞こえました。

戸愚呂弟(玄田哲章さん)の声で「おまえ、もしかしてまだ、自分は『結婚できる』とでも思ってるんじゃないか?」と聞こえました。

 

■『結婚できない』前提で人生設計やり直そう。

というわけで、今、学校通ってます。

自分みたいな「想定していた人生イベントが起こらなかった人」など『どうしていいか分からない人』の混乱を整理して、再設計できるように支援するカウンセリングスキルの学校です。

 

ついでに、聞き取りやすい声にするために、ボイトレにも通うことにしました。

(「大声を出す」ではなく「声を通す」トレーニングです)

 

もうね、妻子を養う金銭も時間も準備しなくていいので、それらをまるっとオール・イン(全額賭け)ですよ。

 

■自分は怖い人なんだと思う。

差別許せないし、思想の迫害もムカムカするし、他人の趣味にケチをつけるのも見てるだけで腹が立つ。

自分と関係なくても、とにかく腹が立つ。

こんだけ怒りっぽい人も早々いない。

 

以前も、Twitterでそんなことをぶちぶち書いてたら、知人に「怖いよ!」と言われたりした。

それからは、あまりそういうのはネットに書かないようにしてる。

 

■怖い人なのは変わんないので。

その分、もっと具体的に、「腹が立つ!」って書くエネルギーを、きちんとした支援の力に回せないかなー、とぼんやり思ってた。

だから、カウンセリングの学校に説明を聞きに行った時に「あ、これだ」と思った。

 

選択肢を選ぶ人がうやむやによくわからないまま、何かに追い立てられて選ぶんじゃなくて、その選択がなんであれ、納得して選べるようにする仕事。

 

■ただ、アレだ。

授業聞いたり、トレーニングしてると「あ、これで小説書いたら面白そうだな」と思う癖は健在です。

 

たぶん、小説は一生ついてまわる気がするなー。

何年間もやってダメだったので、小説一本で食ってくとかは無理だと思うけど。

でも、案外「カウンセラーが書いた小説」となれば、ワンチャンスあるんじゃなかろうか、と邪念は残ってます。