読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

自宅で焼き鳥食べた。

f:id:kamayan1980:20151014003127j:plain

網焼きセットを先日購入した。

カセットコンロにセットするタイプのやつで、焼き肉も出来る。

遠赤外線も出てるらしいが、細かいことはよく分からない。

ただ、焼き鳥が、焼きたてのアチアチでハフハフしながら食べれる。それで充分ではないか。

このあと、レポートを書かねばならんので、酒は控えたけれど、缶チューハイが欲しくて欲しくて。

 

また、今日は中国産で、すでに加熱済みの冷凍焼き鳥を温めただけであったが、いずれは名古屋コーチンを買ってきて、串に刺して、じんわりと豊かな時間を楽しみつつ、味わいたい。

 

■何が君の苦しみ?何を見て泣き出す?

「実録・月間残業○○時間」という話を今日は何件か見た。

100時間で体を壊した人を、300時間の人が笑い、80時間の人が弱さを思い込む。

一応、80時間超えを12ヶ月中6回超えると、過労死ラインです。

単月だと100時間超え、ってことになってるけど、近頃はもう単月80時間でも過労死判定でることありますね。

 

でも、平気な人もいるんですよね。

ただ、これを「人としての強さ」や「気力・体力・時の運」とするのは間違いです。

 

得意分野が人それぞれ異なるように、苦手分野も人それぞれ異なるからです。

 

例えば、「上司や取引先と酒を飲む。キャバクラに行く」ということを、さらっとこなす人、いますよね。

こなす人からすれば「面白くはないけど仕事だし」ぐらいの感覚かと思います。

でも、自分などのように、縦の関係も苦手ならば、女遊びも苦手、というタイプにとっては、耐え難い苦痛です。

どれぐらい耐え難いか、っていうと、「ビール瓶で上司の頭なぐったら帰っていい」と言われたら、ビールケースごとぶつけるぐらいの苦痛です。

 

じゃあ、自分が「ワガママ暴力男」かというと、まあ、否定はしませんが、少なくとも本業の開発業務なら、泊まり込みや終電帰りは当たり前にしますし、そのことで不平不満を言ったことはほとんどないです。

(ただし、やむをえない時限定。普段はさっさと帰ります)

 

また、「睡眠時間4時間」と豪語する仕事大好きのベンチャー企業の若手社長が、ちょっと付き合いでロックバンドのライブの関係者席に座ったら、爆音の演奏の中、居眠りしてた、なんてことはよくある話です。

若手社長からすると、仕事してるよりも、爆音の演奏の方が苦痛なんですよね。

 

だから残業時間では「その人がどのぐらいしんどいのか」は測れないんです。

 

■何がその人の幸福なのか、苦痛なのか。

それはもう、その人にしか分からんのです。

 

。。。と思うじゃないですか。

それを明文化できるツールがあるんですよ!

 

ばばーん! 

キャリア・アンカー―自分のほんとうの価値を発見しよう (Career Anchors and Career Survival)

キャリア・アンカー―自分のほんとうの価値を発見しよう (Career Anchors and Career Survival)

 

 

二人一組になって、40問の問いと書いてあるインタビューに応えるだけで、自分の価値観が現れます。

40問の問いでは、自分で思っている自分の価値観が。

インタビューでは、他人が思っている自分の価値観が分かります。

その一致するポイントが自分自身の価値観です。信念と言い換えてもいいと思います。

 

「でも、お高いんでしょう?」

ええ、実は一冊1600円します。

そのくせ、薄いんです。書籍というよりツールですから。

 

でも、夫婦や友だち同士で、やっておくと「ああ、あの人は価値観がアレだったから、そういう考え方をするのかもね」といった参考になる場面が増えるかと思います。

 

あと、変な転職をしなくて済むかもです。