読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

生きてるってなんだろ。

生きてるってなーに?

と歌うコントが昔あった。

 

最近、身近な人に不幸があり、一命は取り留めたものの、長いリハビリが必要な状態になってしまっていて。

手術をして安静にしていたほんの一週間ほどで、全身の筋肉はリセットされてしまって、声帯は震えないし、腕は持ち上がらないし、足首はひょこりと小さく動くだけ。

ベッドサイドに座ることも出来ず、車いすに乗るのも看護師さんが三人がかり。

 

そんな状態になってしまった人を見た。

ほんのこないだまで、元気よく働いて、大きな声で騒いで、こちらが話そうとしても、勢い良く話し始めてかき消してしまうようなパワフルな人だった。

 

痛々しいとかは、あまり思わないし、可哀想に、というのともちょっと違う。

ただ、自分にもこんな日がいつか来るのだろうな、とぼんやり思った。

そして、その時、自分の周りには看護師さんしかいないのだろうな、とも。

 

 

そうしてぼんやりしてる内に、好きな声優さんが亡くなった。

やはりとても明るい方で、「可愛い」と評価されると照れて「けなしてください!話が続かないので!」と返す感じの楽しい方だと思っていたし、プライベートでもやはり楽しい方だった、と身近な人たちのブログで生前の人となりがつづってあった。

 

その方が誕生日会の様子を書き残したブログには「私は、私に生まれて幸せです。」と書いてあった。

 

亡くなった方にこう書くのも変だけれど、とても羨ましいと思った。

知名度とかそういうのではなく、誕生日にそう思えることが羨ましいと思った。

 

自分は一度も、そんなふうに思ったことはない。

 

生きてるってなんだろ。

生きてるってなーに。

 

そんなことをここ数日考えています。