そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

まだ渦中。

好きな声優さんが亡くなったショックは、日が経つにつれて薄れていく、、、わけでもなく。

まだまだ全然濃いまま残ってるんですけども。

 

それでも、ほかの声優さん達が番組やブログで、それぞれ思い思いのお別れを告げていくのを見て、この人たちの方が辛いんだよなあ、と他人ごとのように思ったりしているわけで。

 

そういうのを見たり聞いたり読んだりする度に、心が少し軽くなっていく感じがします。

 

そうかー、告別式ってこういうことのためにあるのかー。

と、これまた他人ごとのように思ったりしています。

いやまあ、最初から他人ごとじゃねえか、と言われればそれはそうなんですが。

 

反面。

 

入院した方は、術後の経過が思わしくなく。

あがったりさがったりを繰り返してるそうです。

 

気が気じゃない。

また、状態をお知らせしてくださる方が、まあ、説明が下手な方で。

LINEで教えてくれるんですけど「今朝、お腹が痛いって言って」と送ってきたあと、30分ぐらい放置されたりするわけですよ。

 

なに!? お腹が痛いからなんなの!?

現在は安静にしてるのか、今すぐ飛んでいった方がいいのか。

どっちなんだよー!!!

 

とヤキモキさせられっぱなしで。

 

こういう時、メールの方がいいな、と思います。

 

さすがに「結果を先に」って言ったけども。

 

自分の余裕のなさに、自己嫌悪に陥る金曜です。

週末は学校の実技試験があるや。がんばろう。

 

広告を非表示にする