読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

好きだから、と好きなものを選ぶ眩しさ。

どうもどうも、インフルも風邪も治って、昨日は三週間ぶりぐらいにナマ肉である寿司を食いました。うまかったです。

今日も調子こいて牛肉買って焼き肉したら、安い肉だったせいかちっともおいしくなかったので、芋を食べ飽きた火星の人のモノマネしながら食べてました。

 

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

火星の人〔新版〕(上) (ハヤカワ文庫SF)

 

 

■映画の話。

マッサージの人と、趣味の話になりまして。

「オデッセイ見たいんですよ」と言われたので「あ、見ましたよ」と返したら「羨ましい。早く見たいんですけどね。私は明日、あぶない刑事を見に行きます」と打ち返されて、なんか負けた気がした。

あぶない刑事 [Blu-ray]

あぶない刑事 [Blu-ray]

 

 

いや、別にそんなにあぶない刑事を見たい気持ちはないんですけどね。

「本当に好きなものを選んでる」感が眩しい。

 

■そういえば、以前も。

ゲーム原作の映画を見に行って、自分は「ゲーム原作だけど、どのぐらい再現してるのか。どのぐらいゲーム知らない人向けになってるのか」と穿った見方をしてしまったのですが、一緒に見に行った人は素直に「あのシーンすごかった。ゲームはやらないですけど、面白かったですね」と感想を述べていて、その時も眩しく思った。

 

ゲーム原作でも、例えば、バイオハザードに対して、そんな穿った見方はしなかったんですよね。普通に楽しみにして見たし、楽しんで見た。

バイオハザード [DVD]

バイオハザード [DVD]

 

別にハリウッドだから、ってワケじゃない、とその時は思ったんですけどね。

改めて「もし、邦画だったら同じ見方をしただろうか」って思うとちょっと苦しいです。

 

邦画=予算少ない=しょっぱい脚本=格下。

みたいな先入観が自分の中に出来上がってしまっているんですよ。

これはね、映画好きとしてはダメですよ。

良くない、とか、褒められない、とかじゃなく、ダメ。ホントにダメ。

 

先入観はもちろんある。あるけど、映画を見る時は、それは脇に置いといて、見ないと作品に対して失礼だと思う。

 

■もちろん、そうできないこともある。

例えば、10本映画を見て、10本とも「作った奴は地獄に落ちろ!」ってぐらい趣味に合わない内容だったとする。

そんで、その10本が全部同じ監督が作ってました、みたいな状態だった時には、「あ、この監督と合わんのだな」と思ってしまいますよね。

それは、別にいいと思うんですよ。

 

■自分の場合は「邦画」ですからね。

これは良くない。だって、邦画って幅広いですからね。

TSUTAYAを店舗まるごと制覇とかしない限り、「邦画はさー」って語る資格はないと思う。いや、資格が必要なのかどうかは分かんないけど。

 

■そういえば、今日の焼き肉も。

今日食った焼き肉も、安い牛肉を買ったんですけどね。

いつもは、牛肉なんて買わないんですよ、あんまり好みじゃないので。いつもは豚肉や鶏肉で焼き肉してるんです、その方が好きなんでね。

でも、今日はせっかくだし、と牛肉を選んでしまって、失敗ですよ。

最初から、好きなものをちゃんと選んでおけばよかったのにね。

誰に対して見栄を張ってるのか。

 

そう、映画にしても、肉にしても、よくわかんない見栄なんですよね。

「俺は分かってるんだぜ」みたいな。

分かってないんですけどね!

分かってるアピールはしていきたい!

誰に!?

誰かに!

「かまやん素敵!」って言ってくれる女子が現れるまで!

 

「そんなこと言ってるから、無理なんじゃね?」

 

知ってる!