読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

例えばの一例。

例えば。

サラリーマンで、忙しく働いていて、毎晩残業を二時間ぐらいするのが日課になっていて。

家に帰れば、慣れないパート仕事に疲れながらも家事をこなしてくれる妻がいて、順調な成長過程として反抗期にさしかかった子どもがいて。

「ああ、俺がしっかり稼いで、家のことも手伝わなきゃな」と思ったりするそんな今日。

 

その翌日に、会社から転職を勧められるわけです。

会議室に集められて「こちらが転職を支援してくれる」と紹介された先が、イオンで7千円で売ってそうなスーツ着た若い人で「精一杯支援いたします」とか言われるわけですよ。

「みなさん、それぞれの希望もあると思いますので、お一人三十分間ずつ、しっかり話を聞きますから!」

と真顔で冗談みたいなことを言うわけです。

 

色んなことを思うわけです。

これがリストラか?三十分ってなんだよ。去年の昇進試験受けなかったのがまずかったのか。でも、今仕事が忙しくなったら家が大変になるし。俺、今年で入社二十年目だぞ、三十分ってなんだよ。ここにいるのがリストラ対象か。あ、アイツがいない。俺、アイツよりは働いてるつもりだったけど。やっぱり部長の肩持ったのが良かったのかな。それとも関係無かったのか。いや、反省はあとだ、前向きにいかないと。でも、先月、中途入社の面接で同い年の人、断ったんだよな。大してスキルもないのに、経歴ばっかり偉そうで、全然即戦力にならなそうなやつ。ああ、アレ、俺だ。俺だったんだ。俺は俺を見て、使えないって思ってたんだな。あ、面談から一人戻ってきた、やっぱ暗い顔してるな。俺はどうなるんだろう。妻はどうなるんだろう。子どもは。家は。来年から、親父に介護師をつける話にだってなってるのに。俺が稼がないといけないのに。働かないといけないのに。

 

そういう精神状態で、会社を出て、駅の改札を通り、いつものように階段をあがって、ホームにあがりかけて気付く。

甘い匂いが、その先から漂ってくることに気付く。なんとも言えない。

出会った頃の妻よりも甘い匂いが、その先の無機質な空間から漂ってきて、鼻を通り抜け、心をくすぐる。

 

「俺、今、ホームにあがったらダメだ。線路見ちゃ駄目だ。アレに誘われてしまう」

 

しばらくして、ホームに電車が入ってくる。

車両が止まったのを見計らって、階段を駆け上がり、ホームを横切って、電車に飛び込むように乗る。息も切れ切れで、汗びっしょり。だけど、熱くはなく、むしろ背中は冷たい。

 

「よかった。今、死ぬ所だった」

 

 

終電間際のホームで、殴り合いのケンカを始めるサラリーマンは、殴りたいを始めたかったのだろうか。