読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

年、明けました。

明日(週明け)から仕事です。

 

9連休、何してたかと言えば、ひたすら原稿書く、ゲームするの繰り返しで、心のミヤギが「そろそろ次の特訓を」って言ってきたけど、気にせず、原稿書く、ゲームする、を繰り返してた。

 

新年から新しい歯ブラシを、と思って年末に買ったのに、毎回歯磨き粉をつけてから「あ」って気づく繰り返しで、いまだに古い歯ブラシ使ってる。もうモーゼみたいにブラシが割れてて、磨いてると何本か毛が抜けて喉奥につっかえたりして、気持ち悪い。

今気づいたけど、気づいた今の時点で、古い歯ブラシを捨てればいいんじゃなかろうか。

 

。。。捨ててきた。

 

そういえば、最近の年始は、休みのお店が多くて良いですね。

初売りも1月2日から、って所をよく見かけました。

というのも、自分が子どもの頃って年始はお店が休みだったんですよ。

「年始から仕事なんて頭がどうかしてる」ぐらいの勢いで。

だから、元旦はすげー暇してたのを覚えてます。

 

それがいつの頃からか「元旦に福袋売ってるらしいぜ」みたいなことになって、気づけば「元旦から全店舗開いてますけど何か?」みたいな感じになっちゃって。

そんな時代が二十年ほど続いたかと思えば、最近になって、また「元旦に仕事なんて頭おかしい」みたいになってきましたね。

 

休めない仕事以外は、元旦ぐらいは休んで欲しいものです。

そういえば、元旦のスーパーや本屋で働いてるのって若い人ばかりなんですよ。

もしかしたら、お店が休みになると、この人たちの仕事が減って、生活困っちゃうんでしょうか。

 

正月早々、難しいことを考えるものじゃないですね。

「おめでとう」じゃない人もいるでしょうし、「あけました」じゃない人もいたんでしょう。

それでも、まあ、2015年も始まってしまいましたし、自分はなんだかんだで生きてしまってますから、年を越せて「おめでとう」というべきなんでしょうね。

 

■あの世とこの世。

たまに、反対なんじゃないだろうか、と思う時があります。

自分のいるこちらが『あの世』で、こちらではないあちらが『この世』だとした方が、何かしっくりくるんですよね。

 

だって、生死をプラマイで表せば、生が正で、死が負でしょう。

でも、正である生は、こんなにも苦しくてしんどくて世知辛い。

負であるはずの死は、色んな宗教で「楽になる」と表現されてる。

 

あちらの世界で楽しくやってる所を、何か悪さしてしまって、罰として、こちらに落とされてきたんじゃないだろうか。

そんな風に思うことが最近多いです。

 

いや、妙な宗教に引っかかったわけでも、自死願望があるわけでもないんですけどね。

なんというか、どうにも救われない話ばかり最近耳にするもので。

 

「なんだよもう!なんとかしろよ!」とすごく思うんですけど、思った所でなんにもならないので、もう今日は寝ます。

おやすみなさい。

 

こんなアレですけど、今年もよろしくおねがいします。