読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

ごぼう。

 

某生協で「葉物野菜セット」を注文した。

届いたのは「ほうれん草」「小松菜」「蕪」「長芋」「ごぼう」。

。。。葉物の定義ってなんだっけ。

 

百歩譲って蕪までは許すとしても、長芋とごぼうはどう見ても根菜、っていうか根っこそのものだ。

 

よくも騙したな!と思ったけど、よく読んだら「葉物が採れない場合は、代わりにコレが届きます」って長芋とごぼうが書かれてた。

なるほど、鮮度の落ちにくい根菜を予備軍として保管してるのか。

それなら仕方ない。

 

■ごぼうは初料理。

大戦中の捕虜外国人が、ごぼうの味噌汁を見て「木の根まで食わせるなんて」と人権を訴えたそうだけど、昔から自分も同意見です。

嫌いじゃないけど、「わーい、今日はごぼうだ!」って両手挙げて喜ぶ食材ではない。

 

まず、下ごしらえからして、料理に向いてない。

「アク抜きとして、切ったあとで水に10分以上さらしましょう」

めんどくさい。なんだよアク抜きって、お前は山菜か。山菜なら山菜らしくもっと旬っぽさを出せ。年がら年中、ごぼうサラダとして売られてるくせに。

 

当然ながら、きんぴらごぼうなどという、手間かかる割に消費が遅い料理を作る気はまったくなかったので、テキトーに唐揚げにして食った。

細めに切って、下味つけて小麦粉まぶして、揚げるだけ。

カリカリしてて香ばしく、つまみにちょうどいい。なんか酒買ってくればよかったかな。

 

■遊びも話も一人です。

LINEもSkypeも電話もメールも、めったに反応がない。

1週間に2回も業務連絡がくれば、多いな、と感じる。

休日も一人。

誰かと出歩いたりすることはまず無い。

家でも一人。

猫たちは騒がしくプロレスしてたりするけど、自分は気にせずラジオ聞いたりしてる。

 

倒れたところで、誰にも気づかれない。

せいぜい、取引先に「黙って逃げやがった」とか思われるぐらいだろうか。

 

最初っからこうなので、寂しいとかは無い。

むしろ、誰かと一緒にいる方が気を遣うので疲れる。嫌ではないけどね。

 

まあ、こんな人生で良かったっけかなー、と思うことはある。

でもまー、人を近づけない性格なので、しょうがない。

 

困った時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)

困った時のアドラー心理学 (中公新書ラクレ)

 

 

広告を非表示にする