そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

好き嫌いなし界のランク付け。

自分は食べ物の好き嫌いがほとんどない。
という話をすると「私もない」と返されることが結構多いが、付き合いを深めてみると、意外と嫌いな味があったりする。
 
というわけで、なんとなくランク分けしてみた。
なお、このランクと自分が付き合いやすい相手かどうかはあまり関係ない。
 
C級「基本大丈夫だけど◯◯だけダメ」
幽遊白書で言えば、朱雀ぐらい。
嫌いな食材が一品、あるいは二品程度。
飯を食う時は、店から選ぶ必要がある。
食事を選べない環境に行くと苦労しそうだな、と勝手に心配している。
 
B級「嫌いな食材はないが、酢豚にパイナップルは許せない」
戸愚呂(弟)の100%相当。
嫌いな食材はないが、嫌いな味がある、というケース。
料理に対する固定観念というか「ちゃんとした料理」という定義があるんだろうな、と推測してる。
飯屋はどこでもいけるので、あまり困らないが「嫌いな味がある」ということなので、珍しい料理を提供するお店に行く時はフォローが必要。
 
A級「スーパーに売ってる範囲なら全部OK」
暗黒武闘会で一瞬だけ出てきた時の妖狐蔵馬ぐらい。
嫌いな味はなく、表参道のパンケーキから四川料理までなんでもいける。
身近な間柄ではグルメ扱いされるか、味覚オンチ扱いされるかの二択。
割となんでもいけるので、海外の人に「おいしいと言ってくれる」と喜ばれる。
 
S級「食べた前例があるならいける」
A級に収まらない人は全員これ。計測不能。
ウサギに亀にカンガルー、ヘビ、アリ、コオロギとなんでもアリ。
「現地の人は食べてます」の一言で『じゃあ食べよう』となる人。
(すべての食材が食べられるわけではない)
一般的には「ちょっとおかしい」という枠に入れられやすい。
 
なお、私自身は宮古島でヤギ汁を食えなかったのでA級だと自認してましたが、周りから「いや、ヤギはスーパーに売ってねえから」とつっこまれたので、S級の下の方と訂正しておきます。
 

自分らしさの形。

どういう形をしてるんだろうか、どういう形であればしっくりくるだろうか、と考えてみて、いったん結論が出たので記載しておく。

 

地球のような形なんだと思う。

 

中心にはドロドロとした熱い感情のマグマがあり、それが吹き出したり、吹き出した先で冷えて固まったり、違う所から流れ星がドーン!ときて、クレーターができたり、そこに土や水がたまったり、なんやかんやしてる。

遠目に見れば、誰も彼もが球形なので見分けはつかず、触ると柔らかい所や硬い所もあったりする。

その硬いものは、こだわりやポリシーなんだけど、それも剥がしたり砕くことができれば、柔らかいものへと変わることもある。でもけっこう大変なこと。

 

その硬い所や柔らかい所、全部ひっくるめて「らしさ」なのではないだろうか。

男が幸せになる1か条。

異世界に呼び出された途端にヒャッハー部族に捕まって、10年の奴隷生活を送り、左手の5枚の爪をはがして、スコップ代わりに土の壁を掘り進め、ようやく脱出したものの、現地の言葉もわからず、泥水をすすり、昆虫と草で空腹を紛らわせながら放浪の旅を続け、その道中、拾った金貨で、パン屋の店先にあった売れ残りパンを買おうと店に入った所を泥棒扱いされて、村中の人間に追われ、ついに捕まり、村の入り口に吊るされて死んだ。最後の言葉は「水をくれ」だった。

といった所で今日、目が覚めたが、君は異世界の記憶を失ってしまった。

 

そんな前提で、毎日暮らせば、割と幸せです。

慣れを取っ払う

右脳左脳という話を自分はよく知らないので、その点はさておき。
「いつもと違うやり方をする」というのは、効果的だと思う。
 
日頃、便利であったとしてもそれに慣れてしまえばゼロになる。
慣れを取っ払って、マイナスの不便にしてしまえば、便利がプラスであったことを再発見することができる。
 
真夜中の停電のあとに、蛍光灯がつくありがたみを感じたり。
雨が続いたあとの晴れの日に、気持ち良さを感じたり。
メチャメチャに厳しい人たちがふいに見せたやさしさのせいだったり。
 
慣れを取っ払うことで、いつも新鮮な気持ちになる。
というのは、ありえる話だと思っている。

エンジニア立ち居振舞い:文系マインドもロジックの内。

お題「エンジニア立ち居振舞い」

 

割と昔から気を付けてる所。

自動化を推進する立場だと、「やる気でカバー!」とか「根性デバッグ」を低く見積もりがちだけど、自動化するまではそういう人たちに頼らざるをえない。

 

織田信長豊臣秀吉をリスペクトできて、旧世代の遺物をリスペクトできない理由はなんぞや。秘伝のタレ作りはNGだけど、作らざるをえなかった事情を考慮して作った人をリスペクトしよう。

 

その方が、商売まるく収まりやすい気がする。という経験則。

Audibleで落語「代書屋」を聞いたこと。

今さらですが、Audibleです。
amazonのサービスで「本を音読したものを配信する」みたいなサービスでして、『目を疲れさせたくない』みたいな人にはうってつけのサービスです。

そんな中に落語があります。
といっても、落語の台本を声優さんが音読といったトンチンカンなものではなく、落語CDをそのまま配信してるんです。

これが結構ありがたい。

「本を音読」というサービスコンセプトに近いこともあって、配信数も結構多いです。
どのぐらいあるかっていうと、今「落語・講談」で絞り込んでみたところ、1ページに24作品紹介されてまして、それが14ページまであるようです。
だから、計算するってーと、、、まあ、配信数も結構多いです。

私が聞いた「代書屋」は、立川談志さんが演じたものでした。
といっても、立川談志さんは、すでに亡くなっておりますので、昔の講演を収録したものです。最近流行りの初音ミクみたいなシロモノではありませんので、そこはご安心を。
あのべらんめぇ口調を機械音声で調整する、となると、墓から本人引っ張り出してきた方が簡単でしょうねえ。

そういや、数年前に『鬼武者』というテレビゲームがありまして、その作中で、若かりし頃の松田優作さんをそっくり再現してみせた、ってのがありましたが、未だに、あれで誰が喜んだのかナゾのままです。だって、買う客の大半は若者ですから、松田優作さんなんて知りもしないんですよ。
若い人には「松田龍平さんのお父さん」と言った方が馴染みがあるでしょうね。馴染みがあるったって松田龍平ファンでも「そりゃいいや。買おう」と言う人は、なかなかいないと思いますが。

さて、代書屋の話です。
有名な話ですので、知ってる方もいるでしょうけど、代書屋というのは、今でいう行政書士みたいなもんです。
とはいえ、昔の話ですんで、今ほど役所書類が多かったわけじゃございません。
役所書類ばかりでなく、個人的な手紙や、中には遺言書なんてのも依頼する方がいたそうです。その遺言書を書いてもらった方は、中身をどうやって確認するんでしょうね。

「頼んでんだから、間違いのねえようにしてくれるに違いない」という信頼の絆なんて言うと良く聞こえますが、要するに、投げっぱなしのヤケッパチで頼むしかなかった。そういう時代だったんでしょう。

落語の代書屋は、そんな代書屋の元に「仕事見つけてえから履歴書をくれ。ひとつでいい」と男がやってくる所から話が始まります。

履歴書を「ひとつ」と数えるぐらいなもんで、この男は履歴書がどういうものか知らない。

「三丁目んとこの親方に言ったらリレキショもってこい、って言うもんで。ここで売ってるんだろ?」
溜息をつきながら代書屋が「じゃあ、まず名前は?」と尋ねると「親方の?」と返される。

といったトンチンカンなやり取りが面白い話です。

よろしければ、聞いてみてください。
当時の講演も、今となっては、ずいぶん古い話ですんで、枕話からして興味深いかと思います。

 

代書屋

代書屋

 

 

髪の短い女の子。

とある村の写真を見ていたら、えらく髪が短い子ばかりなことに気づいた。

男だけでなく女もだ。

無精した野球部みたいな短さ、丸坊主を3か月ほっといた、みたいな。

 

なんでだろう、と考えてみて気が付いた。

 

長い髪を衛生的に手入れできないんだ。

 

同い年の子がオシャレして売春宿に入り、ステロイドを飲まされて客をとってる中で、NGOの保護を受けたこの子たちは、ラッキーだったのだろう。

 

それでもラクをしてるわけではないんだな、としみじみ思った。

頑張って生きてほしいもんだ。