読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

賽の河原式執筆術。

 
相変わらず咳がゲホゲホでるんですけど、これ風邪薬が利かないんですよね。
いや、風邪ですよ、風邪。風邪に決まってます。
肺炎や気管支炎なんて治ったあとで医者が「これはアレでしたね」ってしたり顔で言うもんなんですよ。
そういうもんです(違います)
 
とにかく、せっかくのゴールデンウィークで天気がいい日だったんで、池袋の自習室に行ったんですよ。
ほら、よく言うでしょ。
「トルコ人はミントティーばかり飲んでる」って。
まあ、とくに意味はないです。
 
そんで最近はちょっとノマドを気取って、ipadで小説書いてんですけど、ipadって意外と便利なんですよ。
無線LANがないとただの板、ってもんで本当に役に立たない。
タイヤを無くした車でもマシ、と言いたくなるぐらいに使えない。そういう機械じゃないと自分は作業できないんですよね。
書くの嫌いだから(※作家志望です)
 
そんなipadでペチペチとテキストを打ってたんですよ。
たまに咳でゲホゲホしちまうもんで、ちょっと周りの人に迷惑かな、と思いましたけどね。
「鼻水はかめ!」って張り紙はありましたけど、「咳はとめろ」って張り紙は見当たらなかったんで、まあ、風邪薬飲んでごまかしてました。
風邪ですからね。
 
んで四時間ほど調子よく書いてたら、パツンとアプリが落ちまして。
あれ? て思ったらすぐに元に戻りました。四時間前の状態に。
 
よく漫画とかだとこんな時、アギャー! とかギャー! とか騒ぐんでしょうけど、現実だとまず何が起きたか分からなくなりますね。
それにほら、自分一応ITですし、一応『トラブルにも応じない冷静さ』でメシ食ってますから。一応、ほら、一応、ね。
再起動とか試して、どっかに自動バックアップが残ってないか確かめて、ctrl+zを連打したりしましたけどね、落ち着いてね、冷静にね。
 
ダメでしアギャー!
 
死ぬ! もう死ぬ! ジョブズ殴って俺も死ぬ! もうジョブズ死んでた! どうしよう! 俺だけ死ぬ。いいや、ジョブズを殴るまでは死んでなるものか! 無念じゃぁぁぁ!!
 
というわけで、今日改めてペチペチと昨日書いた内容をもう一度書いてました。
 
。。。何故か同じ内容にならない。
 
とある人曰く。
「書いた端から忘れていくのは、プロとしては必須のスキルである」
推敲するのに『書いた時の記憶』って邪魔だからねー。
 
でも、なんだろうこの賽の河原で石詰んでる気分は。
 
今度はネットブックで積み上げてます。
ノマドはちょっと遠いみたいです。
とりあえずミントティー飲んでトルコ人から目指します。
 
あーしかし咳が止まらん。風邪しつこいなー風邪。