読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

『英雄』はコストがかからない。

古今東西

 

スポーツ、政治、金融、経済、戦争、その他もろもろ。

『英雄』と呼ばれた人は大勢いるけれども。

その『英雄』を育てるノウハウとなると、トンと聞いたことがない。

(英才教育はエリートを育てるノウハウなので、英雄とはまた違う)

 

というのも、英雄は偶然生まれるものなのだ。

うっかりはずみで、誰の作為でもなく、ぽんと知らぬ間に。

そして莫大な利益を組織にもたらす。

 

■そういうわけでして。

望まれるクールジャパン政策 島国大和のド畜生

あと、ちなみに海外向けでもっとも稼いでる日本のコンテンツはゲームね。
 クールジャパンとか唱えてる人たちが、漫画とアニメしかあげないのはどーなのよ。

 

売れるゲームは作るのに金がかかる。

金をかけねば作れないが、売れるかどうかは分からない。

 

「金かけて、売れなかったら誰のクビが飛ぶか」というアレだ。

 

その点、漫画やアニメはいい。

なんせ、練習に必要なのは、紙とペンだけだ。

デジタルにしたって、20、30万だして液タブとソフトを買えば事足りる。

 

まずは、漫画。

売れない作品が何億コンテンツ発表されようと、無駄になるのは作家個人の人生だけなので、リスクがない。

その割に売れた時には、アニメ化、映画化、実写化、イベント化と収益につなげやすい。ゲーム化だって、漫画原作で売れてから始めれば、安牌だ。

 

■だから、クールジャパン作戦とはこうだ。

野生の鳥山明さんや、野生の尾田栄一郎さんみたいなのが、

木の根っ子から、ぽんぽこ発生して、日本に外貨を集めてくれれば、

日本の威信を示すことができて、クールジャパンは成功する!

 

インフラ整備とか免税とかは、

失敗したら怖いし、お金かかるし、しんどいから、危険が危ない作戦だ!

とにかく待つのだ!

野生の売れっ子漫画家が現れるのを待つのだ!

 

■。。。

 

滅びないかなあ、ああいうの。