読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらを自由に飛びたいな

おっさんのぼやきです。

デジタルに弱い人とiPhone。

 
色恋の間柄ではない知人女性が、珍しく暗い表情で「困ってるんだけど」と我が家にやってきた。
差し出されたのは白くて見慣れたスマートフォン
 
ああ、iPhone5に機種変したんですね。
「そう。でも、全然使い方が分からなくて」
 
というわけで、『初期設定のやり方』なる冊子はもちろん、IDやパスワードの書かれた紙や、契約書類からクレジットカードまで全部、私の机に広げて設定をすることになった。
 
何をどこまで進めたか、って分かる?
「全然。っていうか、何もできてない。電話だけはソフバンの人がやってくれた。親切だった」
(この状態の客をそのまま帰す時点で、全然親切じゃないよ)
 
とりあえず、『初期設定のやり方』に沿って、メールの設定と電話帳コピーをしてみた。
メールの設定はうまくいったけど、電話帳コピーをすると何故か、同じ宛先が2件ずつ登録される、という嫌な状態になった。しかも、住所欄とかはコピーされてない。
「え、これ1件ずつ全部消したり、住所打ち直さないといけないの?めんどくさい」
ですよねえ。
とりあえず、一旦全部消してから、gmailのアカウント経由で、以前の機種からiPhoneへデータを全部コピーしなおした。
 
んで、要望通りに、LINEやFacebook、写真データなどなどの情報も全部写した。
 
これで解決。
 
と、簡単そうに書いたけど、実際は。。。
「LINEに登録したメアドはgmailだけど、どれ使ったかわかんない」(5個ぐらいあった)
「え、パスワードなんて覚えてないよ。たぶん、コレだと思うけど」(と紙に何種類か書き出す)
のコンボでなんやかんやで四時間かかりました。
 
「さすがだね。でも、このケータイも2,3年で変わっちゃうんでしょ。今から憂鬱だよ」
周りに詳しい人いないの?
「いないね。だってあたしでもメールとかLINEやってるだけ、マシな方だし」
まじかー。まだ20代でしょ。
「いや、年関係ないって。昔から機械ニガテだし」
英語とか勉強は出来るのにねえ。
「なんかこう、使ってる脳が違うんだよ。ぜんぜん」
 
そっかー、これからの時代、大変そうだな。
まあ、機械関係なら、だいたい対応できるから困った時はくるといいよ。
「まじで、ほんと超たすかる」
 
「じゃあ、また!」と去っていく姿を見送ったけど、思い返してみたら、大事なことを忘れてた。
 
あいつ、一言も礼を言ってねえ!!!
自分をなんだと思ってるんだ、まったく。
 
とりあえず、メアドとパスワードは手帳にメモっとけ、とだけアドバイスしといたけども。
セキュリティの観点から見ると、超アウトなのよねえ。
こういう人って、今後はどうしていけばいいのかねえ、とふと思いを巡らせた土曜の午後でした。